RSウイルス感染症について|糟屋郡篠栗町の小児科 おおしまこどもクリニック

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症とは

RSウイルス感染症とは、RSウイルスの感染が原因で起こる呼吸器の感染症のことを言います。何度も感染と発病を繰り返し、生後1歳までに半数以上、2歳までにほとんどの乳幼児が感染すると言われています。秋ごろから流行が始まり、春先まで続きます。
感染力は非常に強く、保育園や幼稚園などの施設内での感染が多く注意が必要です。

RSウイルス感染症の原因

RSウイルス感染症の主な原因は、飛沫感染と接触感染になります。感染力が強く、生涯にわたって度々感染を繰り返すと言われています。
飛沫感染では、くしゃみや咳によって、ウイルスを含んだしぶきが飛び散り、それが目に入ったり、吸い込むことで感染します。
接触感染では、ウイルスが付着したものに触れた手や指で、口や鼻、目を触ったりすることによって感染します。

RSウイルス感染症の症状

初めて感染する乳幼児のほとんどは、一般的に一週間ほどで快方に向かいますが、咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難の症状などが現れるお子さんもいます。6ヶ月未満の乳児は重症化しやすく、特に一カ月未満は要注意です。潜伏期間は2~8日、一般的には4~6日と言われています。
基本的な症状としては、発熱、鼻水などの症状が数日続き、粘っこい痰のために痰切れ悪く、「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴を伴った呼吸困難が出るなどの症状が出現した場合は、気管支炎、肺炎へと進展することがあるので注意が必要です。
水分が取れないとき、ミルクが飲めないときは重症化のサインとなりますので、必ずご相談ください。

RSウイルス感染症の治療

RSウイルスには有効な抗ウイルス剤がなく、症状を和らげる対症治療、重症化した場合には、点滴、呼吸の管理などを行います。
また、感染力が強いため、感染を拡大させないための対策も必要で、飛沫感染、手洗いをしっかりして接触感染を防ぐことも大切です。

小児科の主なよくある病気

みみはなのどの病気

みみはな
のどの病気

中耳炎
外耳炎
副鼻腔炎
扁桃炎
気管支炎
気管支喘息

感染症の病気

感染症の病気

マイコプラズマ
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
水ぼうそう
りんご病
インフルエンザ
はしか
感染性胃腸炎
おたふく風邪
手足口病

皮膚の病気

皮膚の病気

乳児湿疹
おむつかぶれ
ガンジダ症
アトピー性皮膚炎
蕁麻疹
とびひ
あせも
臍ヘルニア