乳児湿疹 糟屋郡篠栗町の小児科 おおしまこどもクリニック

乳児湿疹

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、生後1〜2 週間頃から2〜3 か月頃までに多く見られる湿疹のことで、顔周りや首などの体の一部や頭⽪を中⼼に発症します。湿疹は、⾚いポツポツしたもの、⻩⾊いかさぶたやフケのようなもので覆われているものなど様々で、かゆみを伴うこともあり、かゆみがひどい場合、引っ掻いて⽪膚がむけてしまうと患部がジュクジュクになる場合があります。

乳児湿疹の原因

人間の⽪膚からは⽪脂が分泌されています。⽪脂は、肌から有害物質の浸入や水分の蒸発を防ぐ役割を果たしています。⾚ちゃんは、生まれてしばらくの間は⺟親のおなかの中にいたときのホルモンの影響で、⽪脂の分泌がとても盛んです。そのため、毛穴が詰まりやすく、⽪脂腺に脂がたまって湿疹ができやすくなります。そして生後3 か月ごろからは、⾚ちゃんの⽪脂の分泌量が減っていきますので、今度は乾燥によって炎症を起こして、湿疹ができやすくなります。

乳児湿疹の治療

湿疹が強く出ていたり、ぐちゅぐちゅした状態のときは、早めに医療機関を受診するようにしてください。
基本的には肌を清潔にしつつ保湿を行います。症状によっては⽪膚の炎症を抑えるステロイド剤の塗り薬や抗菌薬の入った塗り薬が使用されます。また、再発を予防するために入浴後は塗り薬などを使って日々のスキンケアも行うようにしましょう。

乳児湿疹とアトピー性⽪膚炎の違い

乳児湿疹とアトピー性⽪膚炎は症状が似ているため、見分けがつきにくい疾患です。
アトピー性⽪膚炎は、肌のバリア機能が低下して炎症がおきることで、かゆみを伴った湿疹を引き起こします。乳児湿疹もかゆみがありますが、アトピー性⽪膚炎の方が強く、顔だけでなく体幹はもちろん、肘の内側や膝の内側など全身にも発症することが多いです。
アトピー性⽪膚炎は4 ヵ月までに炎症をコントロールすることで、将来の食物アレルギーの発症のリスクが下がることが期待できます。

急性虫垂炎の治療

虫垂炎を放置すると穴が開いて、腹膜炎を起こすことがあります。炎症が軽度な場合は、点滴や投薬、食事制限などで保存的治療を行います。炎症が重度な場合に、虫垂を切除する外科的治療となります。

小児科の主なよくある病気

みみはなのどの病気

みみはな
のどの病気

中耳炎
外耳炎
副鼻腔炎
扁桃炎
気管支炎
気管支喘息

感染症の病気

感染症の病気

マイコプラズマ
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
水ぼうそう
りんご病
インフルエンザ
はしか
感染性胃腸炎
おたふく風邪
手足口病

皮膚の病気

皮膚の病気

乳児湿疹
おむつかぶれ
ガンジダ症
アトピー性皮膚炎
蕁麻疹
とびひ
あせも
臍ヘルニア