下痢 糟屋郡篠栗町の小児科 おおしまこどもクリニック

嘔吐・下痢症

下痢とは

下痢はお子さんによくみられる症状の一つで、消化管に何らかの問題がある可能性が高いです。
下痢の原因は、ウイルスによるもの、細菌によるもの、アレルギーによるものなど様々です。
急な下痢は、ウイルス性胃腸炎によるものが多く、自然に治っていくことが多いのですが、ときに重症化する場合があります。
下痢であっても、「機嫌が良い」「食欲がある」という時はあまり心配はいりません。
ただし、明らかにいつもと違う様子であれば、一度医療機関を受診してみてください。

下痢になった際の注意点

お子さんが下痢になった際に注意することは、脱水のサインを見逃さないことです。
大量の下痢が何度も出ていたり、尿が出ていないなどがあれば、早期に医療機関を受診してください。
同時にお子さんの様子の変化もしっかり観察し「食欲がない」「元気がない」などのサインを見逃さないようにしてください。

次のような症状がある場合はできるだけ
早く医療機関を受診してください。

  • ・皮膚や口が乾燥している
  • ・1日に何度も大量の下痢をする
  • ・尿が半日以上出ていない
  • ・意識が鈍くトロンとしている

また、「尿の量と回数」「便の量と回数」も診察する上で重要な指標となりますので、医療機関を受診した際に伝えれるようにしてください。
可能であれば、写真を撮ってきていただくと正確な診断につながります

急性虫垂炎の治療

虫垂炎を放置すると穴が開いて、腹膜炎を起こすことがあります。炎症が軽度な場合は、点滴や投薬、食事制限などで保存的治療を行います。炎症が重度な場合に、虫垂を切除する外科的治療となります。

小児科の主なよくある病気

みみはなのどの病気

みみはな
のどの病気

中耳炎
外耳炎
副鼻腔炎
扁桃炎
気管支炎
気管支喘息

感染症の病気

感染症の病気

マイコプラズマ
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
水ぼうそう
りんご病
インフルエンザ
はしか
感染性胃腸炎
おたふく風邪
手足口病

皮膚の病気

皮膚の病気

乳児湿疹
おむつかぶれ
ガンジダ症
アトピー性皮膚炎
蕁麻疹
とびひ
あせも
臍ヘルニア