※来院時は、必ず窓口で順番をお取り下さい

あせも(汗疹)について|福岡県糟屋郡篠栗町の小児科 おおしまこどもクリニック

あせも

あせも(汗疹)とは

あせも(汗疹)とは汗腺という汗を分泌する腺が皮膚にありますが、そこから出る汗が穴に詰まることによってできる発疹です。
お子さまは大人に比べ新陳代謝が活発で体温が高いので汗をかきやすいということも原因で、汗腺はお子さまと成人で数が変わらないので、体の大きさに対して汗の量が多くなってしまうということも原因です。
あせもは、頭や首まわり、脇の下、お尻、膝の裏側など汗が多くてたまりやすい部位にできやすいのが特徴です。

あせもの症状

あせもの症状には「紅色汗疹」と「水晶様汗疹」の2種類があります。

・紅色汗疹(こうしょくかんしん)
汗の詰まったところに炎症が起きた状態で赤くてかゆみのあるあせもです。
かゆみが原因で引っ掻いたところに細菌が入ると炎症を起こして悪化することがありますのできちんと治療をする必要があります。

・水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
小さく透明な水疱がたくさんできるのが特徴で、かゆみや痛みがほとんどありません。
こちらは症状が出ても気づかずに自然と回復することが多いです。

あせもの治療

あせもの治療は、基本的に自宅でのスキンケアが重要になりますが、症状に応じてかゆみ止めのステロイド軟膏や炎症を抑えるお薬を処方します。アトピー性皮膚炎のある方は、強い炎症が起きやすいので注意が必要です。

■ご自宅でできるスキンケアのポイント

  • ・通気性の良い服を着る
    汗を乾かすために通気性、吸水性の高い服を選ぶようにしましょう。
  • ・汗をかいたらシャワーでしっかり流す
    外で体を動かした後など汗をかいたら早めに流してあげましょう。
    シャワーが難しければタオルで汗をしっかり拭くようにしましょう。
  • ・お風呂の際は、ぬるめのお湯にする
    お風呂後は体温が上がりやすく汗をかきやすくなるので、入浴する際はぬるめのお湯にしましょう。
  • ・オムツはこまめに交換する
    赤ちゃんの場合、オムツに覆われた部分にあせもができやすくなります。
    オムツを交換する際は、仰いで上げるなど乾かしてあげてから交換してあげましょう。

小児科の主なよくある病気

みみはなのどの病気

みみはな
のどの病気

中耳炎
外耳炎
副鼻腔炎
扁桃炎
気管支炎
気管支喘息

感染症の病気

感染症の病気

マイコプラズマ
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
水ぼうそう
りんご病
インフルエンザ
はしか
感染性胃腸炎
おたふく風邪
手足口病